So-net無料ブログ作成

初恋の人からの手紙 [日記]

独楽、元気にしてる?
今でもお気に入りのグラビアアイドルに丸をつけていますか?雑誌に丸をつけるのが趣味だった独楽をなつかしく思います。

私が他の人に告白され、独楽が「あぁおれはおまえのこと体目当てだし」と強がってお別れすることになったあの日から、もう2年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

あのころのことを思い返すと、幼稚な言い合いばかりが頭に浮かびます。独楽はよく私に「友達とおれならどっちが大事?」とか聞いてきましたよね。私はそのたびに、もちろん気持ち的にはだいぶ引いたし冷めたけど、「それは比べられないよ」と答えていました。何が不満なのか、独楽はそこで「友達を全部捨てられるぐらいでなきゃ好きとは言えない!」と言っていたのが印象的です。あれでも別れなかった自分が今でも不思議に思います(笑)。

私にとっては9人目の彼氏でしたが、独楽にとっては初恋でしたよね、私。そういえば最初のころの独楽は「元カレにさせたんだから、おれもする権利がある」とか言っていたと思います。あはは、しばらくあの後、独楽が気持ち悪くて会えなかったんですよね、私。独楽には旅行中って嘘ついていたけど(笑)。

独楽は告白のとき、「おまえのためなら死ねる」って言ってくれましたよね。もちろん私はとても独楽のためには死ねないと思っていたけれど、そう言ってくれた独楽の真剣な顔は今でも忘れていません。少し忘れたいです。

今だから言えることですが、私は独楽と付き合ったことを恥だと思っていません。みんなは「さっさと別れなよ」って言っていたけど、私はそこまで高望みしないほうですし、それなりに楽しいときもありました。今でも感謝しています。

いろいろ書きましたが、私は独楽が大好きでした。これからも独楽らしさを大切に、当時本気でやっていた宇宙人との交信も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 独楽が誕生日にくれたキャッチャーミット、使い道がないので捨てていいですか?









独楽さんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【短評】
強がりで意地っぱり。ときに冷たい。引っ張るタイプだが、引っ張らせてくれる相手が少ない。傷つけやすい。
【あなたの恋愛事情を考察】
独楽さんは基本的に臆病なのでしょう。調子に乗せてくれる女性がいれば、どんどん乗ってきて余裕ができるのですが、だいたいの場合は誰かと付き合っても対立的になってしまうのではないでしょうか。

例えば、どこかで女性を馬鹿にしているところがあるかもしれません。しかし実はそれは臆病さの裏返しであり、「理解できない人種」のように一笑に付しては、実際は触れて傷つくことを恐れていると思われます。

女性を傷つけるようなことを言うタイプでもあるようです。それも実は独楽さんが心を防御した結果の、ハリネズミ状態によるものなのですが、独楽さん自体はそれをなかなか認められないかもしれません。

ここから言える、独楽さんにありそうな問題点を列挙します。

◆素敵な女性の前では、強がったり大きく見せようとしてしまう。
◆弱い人には冷たいし厳しい。自業自得、自己責任、という思想に囚われている。
◆付き合っても、彼女に対し批判的&競争的になってしまう。



なんぞww







おまけ要素



断、ひさしぶり。
今でも気功でスカートをめくる練習を続けていますか?断が真剣な顔をしてその理論を説明していたことをなつかしく思います。

断が少しモテる私に嫉妬して「おれは軽い女は嫌いだ」と強がりお別れすることになったあの日から、もう9年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんです。ひさびさに友達に会ったときに断の話題になってなつかしかったので、思いつくままに手紙でも書こうかなって。

別れてから気がついたのですが、断は私がひどいことをしても黙って我慢するタイプだったから、私はあまり気に留めず振り回しすぎましたよね。あのとき、私よりも断のほうがだいたい気持ちが重かったから、私は面倒くさがって「頼りない男は面倒くさいよ」なんて言い放って傷つけたと思います。頼りないのは事実だけど、もう少し他に言い方がなかったものかなぁと反省しています。

そういえば断にとっては私が初恋の相手だったのかな?私は3人目だったかと思います。最初のころ、まだ何も言ってないのにいきなり「おれはキスしたことがある」とか言い出しましたよね(笑)。手をつなぐところから手汗がすごかったのに。嘘バレバレでかわいかったですね。

まだ二人がラブラブだったころ、断は「もうどこにもいかないでくれ」とよく言っていましたよね。私は一生そのままだなんてとても無理だと思ったけれど、真剣な断の顔を見て、何も言えなかったのを覚えています。でも人の気持ちとは変わるものですね。

総括して言うなら、私は断と付き合えたことを、本当に感謝しています。断のような人と出会えたからこそ、私は忍耐力が鍛えられましたし、男性選びに慎重になりました。本当に感謝しています。

いろいろ書きましたが、私は断が大好きでした。これからも断らしさを大切に、そして当時のように猪木のモノマネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. まだバク転の練習はしていますか?

【あなたの恋愛事情を考察】
断さんは基本的に臆病なのでしょう。調子に乗せてくれる女性がいれば、どんどん乗ってきて余裕ができるのですが、だいたいの場合は誰かと付き合っても対立的になってしまうのではないでしょうか。

例えば、どこかで女性を馬鹿にしているところがあるかもしれません。しかし実はそれは臆病さの裏返しであり、「理解できない人種」のように一笑に付しては、実際は触れて傷つくことを恐れていると思われます。

女性を傷つけるようなことを言うタイプでもあるようです。それも実は断さんが心を防御した結果の、ハリネズミ状態によるものなのですが、断さん自体はそれをなかなか認められないかもしれません。

ここから言える、断さんにありそうな問題点を列挙します。

◆素敵な女性の前では、強がったり大きく見せようとしてしまう。
◆弱い人には冷たいし厳しい。自業自得、自己責任、という思想に囚われている。
◆付き合っても、彼女に対し批判的&競争的になってしまう。


















なんぞこれwww



気になる方はGO!!(ケータイも可)→   http://letter.hanihoh.com/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。